ノベルティの制作の依頼前に知っておきたい!グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説

このサイトではノベルティの制作の依頼前に知っておきたい、グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説しています。
企業や製品について上手くアピールする溜めに役立つ可能性があるのでおすすめです。
グッズの制作を依頼する業者の選び方も、このサイトでご紹介しています。
数多くの業者の中から利用するところを選ぶ場合に参考になるはずです。
さらに製作前には知っておきたい、グッズ選びの成功ポイントに関しても触れています。

ノベルティの制作の依頼前に知っておきたい!グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説

店舗に訪れた人に配布するノベルティを制作しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
ノベルティ作りに関するよくある疑問には、どのような品物が受け取られやすいかが挙げられます。
一般的には実用性があり、いくつあっても良いノベルティが人気があります。
まだどんなものを作れば良いか分からないというケースもよくありがちです。
ノベルティの製作会社のなかには、そういった相談に対応していて提案してもらえるところもあります。

販売促進に役立てられているノベルティとは?

企業の販売戦略の一つとして取り入れられているノベルティ、スーパーなどで購入したらもらえるキャラクターグッズなどを見かけたことはありませんか。
流行りの人気キャラクターをデザインに採用すれば、本来売りたい商品欲しさというよりも非売品のキャラクターグッズ欲しさに商品を購入する人もいるほどです。
それくらいノベルティには販売促進効果が期待できるのです。
ノベルティとは、広告媒体として企業が製作して無料で配布するものです。
銀行や保険の営業さんに、社名や商品名の入ったポールペンやカレンダーなどをもらったことがある方もいるかと思います。
こうしたグッズは日常的に使用してもらうことで、会社を身近に感じてもらえます。
使用するたびに社名が目に入るため、ことあるごとに思い出してもらえるのです。
ボールペンならCM広告のような大きな費用がかからずに済むといったメリットも。
ノベルティとは、必要最小限のコストで販売促進が期待できる優秀な広告媒体です。

ノベルティの代表的な種類とその特徴

ビジネス利用に適したノベルティの種類は、価格と共に様々です。
時代のニーズに合ったものとして、ウェットティッシュや全面プリントやワンポイントマスク、マスクケースが挙げられます。
フルカラー全面印刷ならターゲット層も幅広く需要が高まります。
エコバッグなら安定の人気を博します。
A4サイズの資料が入るフラットタイプの不織布なら、展示会やオープンキャンパスなどで最も利用される定番タイプになります。
企業の挨拶回り用の名入れタオルはコストを抑えることが特徴、一枚100円以下とリーズナブルです。
名入れうちわ、夏から秋にかけて活躍することが期待されて大定番のノベルティです。
情報やロゴを配置するだけで本格的にオリジナルでデザインすることも出来ます。
ボックスティッシュは効果があり、ユーザーから人気が高いアイテムです。
筆記具はボールペンから蛍光ペンまで幅広く、どんなシーンでも1本あれば非常に便利な多機能があり人気です。

ノベルティはどのようにして制作する?

自由にデザインできるアイテムのノベルティ発注の際にインターネットでのデータ作成は、とにかく早くコストが軽減されることがポイントです。
サイト上で商品を探せて、見積もりをしてその場でダウンロードできます。
誰でも簡単にパソコンの画面上でアップロード入力と配置と確認するだけで印刷データを作ることができます。
印刷データをその場で作れる制作ツールで頼めます。
例えばロゴ付きのTシャツ制作など。
イベントなどで使う日が決まっているノベルティは、納品日を設定した後にサンプル印刷をしていきなり発注する不安を解消してくれます。
大ロットで高額にならないような工夫がされていて、サンプル印刷の後に確認をして本発注します。
企業やサービスのロゴ画像を持っている場合はツール上でアップロードして配置を決めるだけでデザインが作成可能です。
画像が無い場合でもツールやフォントを利用してテキスト入力で、名入れのオリジナルのデザインを作ることが出来ます。

ノベルティ作りにかかる費用はどのくらい?

多数の人に向けた宣伝効果を得られるノベルティ作成は、リアルな接点を前提として、様々な種類のグッズと単価が用意されています。
マーケティング活動となり、適切に配布するためにはアイテム選びは重要です。
日常使い出来るものでありながら、配布の目的とターゲット層を十分に整理して行います。
予算を適切に配分するために、単価相場100円台で製作できるノベルティのコンセプトはできるだけ安く大量に作りたいという物があります。
例えばボールペン、ポケットティッシュ、卓上カレンダー、クリアファイル、エコバッグなどです。
単価200円から500円では、タオルやステンレスタンブラーなどが挙げられます。
単価600円から1000円の物は、ボールペンセットや折り畳み傘などです。
相場を参考に自分に合ったグッズ選びは費用を重視すると効果が得られます。
ターゲット層の考え方や好み生活習慣、行動様式を想定し、それに合った考えていくことが大切です。

ノベルティに関する情報サイト
もっと知りたいノベルティ

このサイトではノベルティの制作の依頼前に知っておきたい、グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説しています。企業や製品について上手くアピールする溜めに役立つ可能性があるのでおすすめです。グッズの制作を依頼する業者の選び方も、このサイトでご紹介しています。数多くの業者の中から利用するところを選ぶ場合に参考になるはずです。さらに製作前には知っておきたい、グッズ選びの成功ポイントに関しても触れています。

Search