ノベルティの制作の依頼前に知っておきたい!グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説

このサイトではノベルティの制作の依頼前に知っておきたい、グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説しています。
企業や製品について上手くアピールする溜めに役立つ可能性があるのでおすすめです。
グッズの制作を依頼する業者の選び方も、このサイトでご紹介しています。
数多くの業者の中から利用するところを選ぶ場合に参考になるはずです。
さらに製作前には知っておきたい、グッズ選びの成功ポイントに関しても触れています。

ノベルティの制作の依頼前に知っておきたい!グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説

店舗に訪れた人に配布するノベルティを制作しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
ノベルティ作りに関するよくある疑問には、どのような品物が受け取られやすいかが挙げられます。
一般的には実用性があり、いくつあっても良いノベルティが人気があります。
まだどんなものを作れば良いか分からないというケースもよくありがちです。
ノベルティの製作会社のなかには、そういった相談に対応していて提案してもらえるところもあります。

販売促進に役立てられているノベルティとは?

企業の販売戦略の一つとして取り入れられているノベルティ、スーパーなどで購入したらもらえるキャラクターグッズなどを見かけたことはありませんか。
流行りの人気キャラクターをデザインに採用すれば、本来売りたい商品欲しさというよりも非売品のキャラクターグッズ欲しさに商品を購入する人もいるほどです。
それくらいノベルティには販売促進効果が期待できるのです。
ノベルティとは、広告媒体として企業が製作して無料で配布するものです。
銀行や保険の営業さんに、社名や商品名の入ったポールペンやカレンダーなどをもらったことがある方もいるかと思います。
こうしたグッズは日常的に使用してもらうことで、会社を身近に感じてもらえます。
使用するたびに社名が目に入るため、ことあるごとに思い出してもらえるのです。
ボールペンならCM広告のような大きな費用がかからずに済むといったメリットも。
ノベルティとは、必要最小限のコストで販売促進が期待できる優秀な広告媒体です。

ノベルティの代表的な種類とその特徴

ビジネス利用に適したノベルティの種類は、価格と共に様々です。
時代のニーズに合ったものとして、ウェットティッシュや全面プリントやワンポイントマスク、マスクケースが挙げられます。
フルカラー全面印刷ならターゲット層も幅広く需要が高まります。
エコバッグなら安定の人気を博します。
A4サイズの資料が入るフラットタイプの不織布なら、展示会やオープンキャンパスなどで最も利用される定番タイプになります。
企業の挨拶回り用の名入れタオルはコストを抑えることが特徴、一枚100円以下とリーズナブルです。
名入れうちわ、夏から秋にかけて活躍することが期待されて大定番のノベルティです。
情報やロゴを配置するだけで本格的にオリジナルでデザインすることも出来ます。
ボックスティッシュは効果があり、ユーザーから人気が高いアイテムです。
筆記具はボールペンから蛍光ペンまで幅広く、どんなシーンでも1本あれば非常に便利な多機能があり人気です。

ノベルティはどのようにして制作する?

自由にデザインできるアイテムのノベルティ発注の際にインターネットでのデータ作成は、とにかく早くコストが軽減されることがポイントです。
サイト上で商品を探せて、見積もりをしてその場でダウンロードできます。
誰でも簡単にパソコンの画面上でアップロード入力と配置と確認するだけで印刷データを作ることができます。
印刷データをその場で作れる制作ツールで頼めます。
例えばロゴ付きのTシャツ制作など。
イベントなどで使う日が決まっているノベルティは、納品日を設定した後にサンプル印刷をしていきなり発注する不安を解消してくれます。
大ロットで高額にならないような工夫がされていて、サンプル印刷の後に確認をして本発注します。
企業やサービスのロゴ画像を持っている場合はツール上でアップロードして配置を決めるだけでデザインが作成可能です。
画像が無い場合でもツールやフォントを利用してテキスト入力で、名入れのオリジナルのデザインを作ることが出来ます。

ノベルティ作りにかかる費用はどのくらい?

多数の人に向けた宣伝効果を得られるノベルティ作成は、リアルな接点を前提として、様々な種類のグッズと単価が用意されています。
マーケティング活動となり、適切に配布するためにはアイテム選びは重要です。
日常使い出来るものでありながら、配布の目的とターゲット層を十分に整理して行います。
予算を適切に配分するために、単価相場100円台で製作できるノベルティのコンセプトはできるだけ安く大量に作りたいという物があります。
例えばボールペン、ポケットティッシュ、卓上カレンダー、クリアファイル、エコバッグなどです。
単価200円から500円では、タオルやステンレスタンブラーなどが挙げられます。
単価600円から1000円の物は、ボールペンセットや折り畳み傘などです。
相場を参考に自分に合ったグッズ選びは費用を重視すると効果が得られます。
ターゲット層の考え方や好み生活習慣、行動様式を想定し、それに合った考えていくことが大切です。

ノベルティで商品名の認知度を高める方法

ノベルティを制作して商品名の認知度を高めるには、まず顧客層にあわせてアイテムを選ぶことでターゲットとなる年代・性別を絞ってからその年齢層に喜ばれるグッズを選ぶ必要があります。
また、グッズを受け取ってもらっても実際に使ってもらえないと効果はないので、企画段階で利用者が使いやすくて便利な物がいいです。
商品名など大きなロゴデザインが入ったノベルティだと宣伝効果があっても、好みで使われないこともあります。
視線品が発売されるとき、認知度を高めたい商品が注目されるタイミングで購買意欲を促すにはサンプル品の提供・便利なグッズを合わせて提供するのがおすすめで、最適な時期に配布することで新たな顧客の獲得と利益アップにも繋がります。
例えば展示会・新商品の発表会など来場者が限定される場面なら、見込み客へ効果的にPR出来て、複数の企業が集まる展示会だと自社ブースへお客を集める時にも活用出来て、話題性のあるアイテムを選べば注目もされます。

ノベルティに完全オリジナルを選ぶメリットとデメリット

企業や店などで配布するノベルティで完全にオリジナルか、または既製品に独自性を加えるかで違ってきます。
たくさんの人に配布するあんら低単価で多数の量が出来るグッズが妥当ですし、小人数に企業のアピールをするなら、数量が少ないので単価を高くしたグッズも作れます。
販促商品のオリジナリティーの強調、企業のブランドを出すなら完全オリジナルの方が個性的でメッセージ性も高いです。
メリットは他にはない独自性が強調出来て差別化が図れること、ノベルティグッズの中に企業のメッセージ性が込められる・話題性があって欲しい人が増えて企業イメージアップに繋がります。
デメリットは製作数量により既製品よりも製作コストと時間がかかることです。
既製品に少しだけ独自性をプラスする場合、少ない数量でも割と製作費を抑えやすい・生産納期が短い、コストを抑えられるので配布数が増やせますし、販促用の名入れだとブランド品・キャラクターグッズの個別にライセンス契約なしで製作できることもあり注文も簡単です。
デメリットは他社の類似品になることがあることです。

ノベルティに既製品を使う際の注意点

ノベルティで既製品を使うと製作費と時間を抑えられるのがメリットで、展示会が近い場合でも間に合いますしコストを抑えられるので配布数も多くなり多くの人へ手にとってもらいやすいです。
注意点はデザイン面では制限があるので自社のブランドイメージ、商品のコンセプトをノベルティへ落とし込みにくいことで、名入れ・ロゴ印刷程度になることが多く他社が配る品と似ることもあります。
製作するときにも商標権・肖像権を侵害しないことが大事で、人気アニメキャラクター・芸能人などデザインに入れて作成するときは権利の所有者と事前交渉して使用許諾を得ないといけません。
権利の所有者によってライセンス料やロイヤリティを支払うと利用出来る規定もあります。
一部のイラストやキャラクターは無料で使用できることもありますが、この場合でも事前連絡が必要など条件があることが殆どなので必ず確認は必要です。
他にも、雑誌のプレゼントなどの「景品表示法」も、消費者が高いノベルティを目当てに商品・サービスを選ぶと、質が良くない商品や価格が不当に高い物を買う恐れがあり不利益を被ることになります。

ノベルティのばら撒きに適したアイテムの特徴

ノベルティの中にはいわゆるばら撒きに適したアイテムもありますが、それはどのような特徴を備えているものでしょうか。
まず、ばら撒きというからには大量に必要とすることが前提のはずです。
ごくわずかな数量の場合にそういう言い方はしないというか、そのようなことはそもそもできません。
大量に必要となって、一方で予算は一定というか限りがあるとなれば、必然的に単価はあまり高くはできません。
何が高価で何が安価かというのは相対的なものですので何か明確な基準があるわけではありませんが、安いものでは100円とかそれ以下のノベルティも現実にはいくらでもあります。
また、多くの人をターゲットにする以上は、どのような人であっても受け取ってもらえるような商品である必要もあります。
ごく一部の人にしか利用価値のない品物は、多くの人に対して渡すような場合には適切とは言えません。
老若男女全てに一定の利用価値がある品物であることも求められます。

ノベルティはその場で使えるものが最適?

ノベルティを制作するなら、その場で使えるものが最適だという話はよく聞きます。
たしかにその場ですぐに使用できるアイテムは、受け取ってもらいやすいという利点があるのは間違いありません。
例えば、夏の暑い時期に屋外イベントなどで団扇やウェットティッシュなどを配布すると、お客さんはとても喜んでもらってくれるでしょう。
しかし気をつけたいのが、効果がどれだけ長く続くかということです。
その場で使用できるノベルティは、効果があまり長く続かない場合も少なくありません。
先にあげた団扇などは、イベント帰りに即座にゴミ箱に捨てられてしまう可能性が高くなります。
家まで持って帰ってくれたとしても、夏が終わればゴミ箱に行くのは間違いありません。
持続性の高いノベルティにしたいのであれば季節性のものではなく、年中使えるような品を選ぶべきです。
また、ウェットティッシュのようなすぐに使い切ってしまうものではなくて、ある程度長持ちする品を選択した方がいいでしょう。

ノベルティに関する情報サイト
もっと知りたいノベルティ

このサイトではノベルティの制作の依頼前に知っておきたい、グッズ作りのよくある疑問や解決方法を解説しています。企業や製品について上手くアピールする溜めに役立つ可能性があるのでおすすめです。グッズの制作を依頼する業者の選び方も、このサイトでご紹介しています。数多くの業者の中から利用するところを選ぶ場合に参考になるはずです。さらに製作前には知っておきたい、グッズ選びの成功ポイントに関しても触れています。

Search